スポンサードリンク

手汗

手汗 原因


多汗症は顔や頭部、わき、足の裏、手のひらの限局した部位に多量の発汗がみられる疾患で、全身にたくさんの汗をかく汗かき体質とは異なります。

そのうち、手汗とは手のひらに日常生活に支障をきたすほどに汗をかいてしまう症状です。

他の部位の多汗症と同様、汗がたくさん出る原因を汗腺の異常と考え、汗腺をふさぐ手術をして治そうとすることが多いのですが、手汗の場合、精神的な原因で起こることが多いのです。

人から変に思われるのではないかという不安が根本的な原因になっているものとされています。

ストレスがかかって交感神経が過敏に緊張して起こるものです。

手汗

手汗防止


手汗の原因は精神的なストレスであることが多いと言われています。

手汗を防止したいのなら、できるだけストレスをためないようにリラックスした生活をするように心がけることです。

どうして自分はこんなに手に汗をかくのだろうと悩んでしまうと更に汗をかいてしまうといった悪循環に陥りますので、一番いいのは気にしないようにすることです。

しかし、そうはいっても目に付く所だけに気にするなといってもなかなか難しいと思います。

あまりに気になるようであれば、一度専門医に相談することをおすすめします。

専門医に話すことで心のつかえが取れ、ストレスが解消されることもあります。

手汗

手汗対策・対処法


手汗がひどくて困ること、日常生活においてたくさん出てくると思います。

汗が滴るほどに出てしまうため、例えば教科書やノートが濡れてしまったり、握手ができない、手が滑って物を落としやすい、など数えあげればきりがないほどです。

対策としては、外出する時はハンカチなど手汗を拭き取るものを常時携帯してすぐに対処できるようにしましょう。

最近では、手のべたつきを防止する効果のある制汗クリームや制汗パウダーが発売されているので試してみるのもよいでしょう。

また、マッサージやツボ押しなどで手汗を抑えるといった方法もあります。

胸の脇の部分を指先で強く押すと神経が圧迫されて一時的に汗が治まるようです。

ツボを押せば汗が治まるといった安心感で少しでもリラックスできそうです。

手のひらにも老宮というツボがあって、汗が吹き出てきた時にここを押すと効果があるようです。

手汗

手汗の手術


手汗を完全に治療したいのであれば、やはり交感神経切除の手術ということになります。

最近注目されているのは内視鏡外科手術(ETS手術)です。

手汗の手術では、脇の下の皮膚を2〜4ミリ程切ってカメラを胸腔に入れ
モニター画面で胸の中を見ながら背骨の近くにある交感神経の束を見つけて切断するというものです。

傷が小さくて済み、手術時間も短いため身体的負担が軽いことや、日帰りできるなどのメリットがあります。

しかし、術後に代償的発汗と呼ばれる副作用が起こることもあるようです。

代償的発汗とは術後に胸や胴、大腿部などにかく汗が増えるといったものです。

また、発汗は元々体温を下げる効果があるので、交感神経を切断した術後に汗があまり出なくなり首や顔が熱く感じられるといった症状もみられるようです。

手汗

オドレミン


オドレミンとは日邦薬品という会社の制汗剤です。

脇や手のひらの汗に悩む人たちにネットのクチコミなどで広まったものです。

制汗効果の高い塩化アルミニウムが配合されていて皮膚の汗を抑えてくれるようです。

無臭でベトつかず、防臭効果もある事から、スポーツ選手にも人気が高いようです。

オドレミンの主成分の塩化アルミニウムは病院のわきが治療にも使われています。

オドレミンは消臭効果というよりは汗の量を抑える制汗剤です。

使用前にはしっかりと汗を拭き取り、清潔にしてから使うとより制汗効果がアップします。

  1 2  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。